初めての1棟アパート購入

 1棟アパートを購入し私が実際に大家になった流れについて説明していきたいと思います。ぜひ参考になればと思います。

初めての1棟アパート購入

 2020年7月に初めて1棟アパートを購入しました。見つけたのは不動産投資物件のサイトでした。
見逃さないようにほぼ毎日楽待などの約5つ程の不動産サイトをチェックしていました。
今まで良さそうな物件は2件程あったのですが詳細な資料等を問い合わせている間に決まってしまいました。
2件とも1週間も待たずに即でしたね。これが反対に今回に繋がる自身になりました。
そんなこともあり今回こそはと思い翌日の朝一に電話し物件見学の予約をしました。
しかし本日見学に来られる方が既にいるそう。だが会社員の私が平日に見に行けるのも1週間後。

物件のスペック

  • 売値800万円
  • 木造
  • 築31年
  • 2K×4世帯
  • 駐車場4台
  • 2世帯入居
  • 表面25%
  • 現状13%
  • 地方物件
  • 降雪地

このスペックなら当たりなのでは?逃すわけにはいかない。そう思いました。

物件見学当日

 ついにあれから一週間が経ち物件見学へ。最初に不動産屋さんに立ち寄り鍵を貰いに行く。
色々と説明を聞きいざ物件へ。外見は写真やストリートビュー通りで相違なし。
2室空室があるので1室づつ確認していく。
1室目はまあまあキレイで修繕にはそんなかからないかも?と思ったり。
ネットとYouTubeで勉強したくらいなのでだいたいの費用もさっぱり分からなかった。
2室目は喫煙者が住んでいたのかヤニで全体的に茶色い。
畳も傷んでおり壁紙も剥がれていてボロボロだった。修繕費用はかかりそうだと思った。
ただ2室とも水回り(キッチン、風呂、洋式トイレ)はそのままで行けそうだったので安心した。
そんな感じで特に見る箇所も分からないまま大丈夫そうだなんて思いながら見学を終えた。

ついに買付へ

不動産屋さんに戻り買付を入れる旨を伝える。
借入して購入するつもりだったのだが不動産屋さんに今の状況だと初めての人が融資をしてもらうのはかなり難しいと言われてしまう。
少し前に問題があってから特に厳しくなったと言われたので私が「スルガ銀行のですか?」と聞いたらそれだと。しかし諦めることなく融資特約にて買付を入れることにした。
その時に売主様宛に手紙を書いてきたので一緒に渡した。これはネットで勉強した方法である。
その手紙には自己紹介として自分の属性すなわち年齢、収入、資産額などを書いた。
これを見た不動産屋さんが26歳で1,000万はホントに凄いと心底驚いている様子だった。
ちなみに買付は既に3件入っていてそれぞれ600万、650万、700万としつこく聞いたら教えてくれた。
私は750万と迷ったが700万で入れた。

政策金融公庫にて融資

 買付を入れその足で融資の相談に政策金融公庫に来た。
しかし今はコロナ融資で忙しく融資実行まで2カ月近くかかるかもしれないと言われた。
更にできれば頭金3割以上は入れて欲しいとの事。
オーバーローンどころかフルローンすら夢のまた夢。提出書類も多く頭を抱える羽目になった。
出発した時とは裏腹に意気消沈して自宅に戻る。

不動産屋さんからの連絡

 自宅に戻り提出書類の記入をしていると不動産屋さんから連絡が入る。
先ほど売主さんのところに行って来て話しをしてきたが700万現金で買うならあなたに売りたいとのこと。
とっても悩んだが電話中に答えが出ず一晩時間を貰うことにした。
一晩考えたがここで挑戦できなければ一生不動産投資できないままだと思い購入することを決意した。
翌朝、不動産屋さんに連絡し是非購入させていただきたいとお願いし購入することになった。
これで晴れて大家デビューとなる。

まとめ

 私も自分が大家になるなんて大家になる1週間前まで全く予想もしていませんでした。
タイミングはいきなりやってくるものなんだとつくづく思いました。
今思えば既に2件逃していて物件買いたい病になっていたのも購入の後押しになっていたのかもしれません。
ここからは空室2室のリフォームが残っているのでそれを記事にしていきたいと思います。
それと住宅も購入するのでそれも後々は記事にしたいと思っています。本日は閲覧ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です