コロワイド系の株主優待を比較

コロワイド系優待とはコロワイド(7616)をはじめとするアトム(7412)、カッパ・クリエイト(7412)の3つからなる株主優待としてポイントカードを発行しそのポイントをそれぞれ3社の飲食店で使えるグループ優待です。

今回その優待についてどこが一番おすすめなのか比較していきます。

【7616】コロワイド

東証1部

こちらは最低優待取得株数が500株からになってます。

コロワイドは優待ポイント付与のタイミングが特殊で 3月末日株主:6月と9月に付与 9月末日株主:12月と3月に付与 となっています。

それぞれ1月10,000ポイント×4カ月なので 年間40,000ポイントの付与になります。

権利確定月3月末日・9月末日
最低優待株数500株

500株以上20,000ポイント (20,000円分)

【7412】アトム

東証2部

ステーキ宮、寧々家、カラオケ時遊館などを運営。

こちらは下記の表のとおり取得株数が増えれば比例して株主優待も拡大していきます。

最大の1,000株だと20,000ポイント×2カ月で 年間40,000ポイントの付与になります。

権利確定月3月末日・9月末日
最低優待株数100株

100株以上2,000ポイント (2,000円分)
500株以上10,000ポイント (10,000円分)
1,000株以上20,000ポイント (20,000円分)

【7421】カッパ・クリエイト

東証1部

かっぱ寿司を運営。

こちらの株主優待は上記2社と比べ最低優待株数(100株)以外は優待利回りが低くなってしまいますのであまりおすすめしません。

権利確定月3月末日・9月末日
最低優待株数100株

100株以上3,000ポイント (3,000円分)
1,000株以上6,000ポイント (6,000円分)
2,000株以上12,000ポイント (12,000円分)

優待利回り比較

今回はコロワイドが500株が最低優待株数なのでそれを基準に比較しました。

5/26株価取得株数取得金額優待利回り
【7616】コロワイド1,686円500株843,000円40,0004.7%
【7412】アトム919円1,000株919,000円40,0004.3%
【7421】カッパ1,517円1,000株1,517,000円12,0000.8%

コロワイドとアトムは僅かながら配当も出ます。

しかもコロワイドの方がポイント付与のタイミングが10,000ポイント4回とタイムラグがある分、有効期限が長くなります。

配当もほんの少しだけコロワイドの方が高いです。

気付いた方もいるかもしれませんが同じ優待でも今までコロワイドの方が人気でアトムの方が人気が薄い分、利回りは高かったです。

その為、アトム株を保有してる方も多いのではないでしょうか。

自分もその1人です。 しかし今回のコロナ相場でコロワイドの株価ががっつり下がりました。

そのおかげでアトム株を売ってコロワイド株を買うと同じ優待内容で76,000円のキャッシュが手元に残ります。

更に東証2部から東証1部にもなります。

この機会に自分も買い替えました。 アトムが好きだったりコロワイドよりこれからが有望だと考えるなら別ですが自分はあくまでも優待株という認識ですのでそうしました。

以上は私個人の見解ですので自己責任でお願い致します。

閲覧ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です