契約してしまったNHKを解約した話

アパートで同棲し始めた頃でテレビもたいして見ないしと言うことでパソコン用のモニターはあるけどテレビはない状況でした。
そんな中、NHKが契約をしにやってきたのですが彼女がうっかり契約してしまいました。
その後の解約までの流れをまとめました。

いきなりやってきたNHK

同棲してまだ間もない頃ですがテレビは最初はそこまで必要と考えず後回しにしてパソコンやiPhoneなどでYouTubeなどを見るくらいでした。
そんな中でNHKがやってきました。夕方の6時頃。相手は20代前半男性。
僕は仕事で不在だった為、彼女が対応。
彼女は僕が不在の為分からないと伝えると
「じゃあここに住所とお名前を書いてください。」
と言われるがままに書いてしまい更にクレジットカードの番号まで書いてしまいました。
聞くと完全に何の説明もなく書かされた様です。
これを聞いた僕は怒ってNHKの代理店に電話をする訳です。

NHKに電話で解約を申し出る

僕は契約させられたNHKの代理店に解約のために電話を掛けました。
僕は家にはテレビ無いといいました。
すると「テレビはあるとおっしゃていました。」とのこと。
そして僕はあいつ(彼女)勘違いしてやがる!あれはテレビではなくモニターである!!
と思ったわけでそれをNHKに伝えると
「それはちょっと考えられないですね。」
僕もそう思います。そうなことがあるのかと。
ですがそこは丁寧に申し訳ありませんが勘違いのようでしてと説明し
「また担当から連絡します」
と約束し切電。

5日経っても連絡が無い

最初に電話した日からもう5日間も電話がありませんでした。
それに怒った僕は再度NHKの代理店に電話をしました。
僕は5日経っても連絡がない。そのまま逃げるつもりじゃないのかと少し怒り口調で言ってしまいました。
そしたらすぐに担当から連絡させますとのこと。
僕はすぐとは何時だ担当は誰だとこれはもう臨戦態勢ですねw
夕方担当から連絡をするとの事で一旦切電。

担当者からの連絡

夕方頃に待っていると担当者からの電話が鳴りました。
僕は少し強めの口調ででました。
担当者からは解約にあたってテレビの有無を確認する為に室内を拝見させて欲しいとのこと。
僕はそれに同意しもう明日にでも来てほしと言いました。
そしたら明日お伺いしますとのこと。その際には契約時の書類一式準備して欲しいと。

テレビの有無の確認へ

待っているとピンポーンとチャイムが鳴りました。
NHKが来たようです。
ドアを開けると20代前半の男性がいました。
きっと彼が契約時に来た人なんだろうと思いました。
「申し訳ありませんでした。契約時の書類ってありますか?」
と言われたので一式渡しました。
そしたら
「すみませんでした。失礼します。」
と帰ろうとするのであれ、室内見ないですか?と聞いたら
「私たちが家に上がることは出来ませんので」
との事でした。あっさり終わって拍子抜けです。
僕は電話で言い過ぎたかな?この仕事いろいろ言われるだろうしと思いその子に自分の事は棚に上げていろいろ言われて大変だろうけどがんばってねと言って送り出しました。
その子はありがとうございますとニコッとして帰っていきました。

総評

間違って契約してしまった時にどうやって解約しようか調べるとなかなか解約は難しいという話がたくさん出てきます。
ですが今回のように解約できるケースもあるようです。
僕自身も案外最後はあっさりで驚きました。
やはり出回ってる情報通り家には入れないようです。
ただ何も知らない担当だったら入ってくるかもしれませんが。
皆さんも手違いでの契約の際は諦めずに多少しつこく対応すると効果があるようです。
ちょっとした体験談でしたが閲覧ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です