金投資は必要なのか

ここ最近は金の価格が上がり続けている為、純金投資などを検討される方も多いのではないでしょうか。
金は装飾品としての需要が最も高く富裕層の間ではとても人気があります。
しかしながら投資としての金はほとんど守りに近い投資になります。
投資資金が少ないうちは金投資は必要はないと考えています。
金は特にお金を産んでくれるような働きはしませんし、これから更に価格が上昇したとしても株などの資産の方が上昇率は見込めると思われます。
それでも僕が行っている金投資があります。

純金積立

毎月一定額をドルコスト平均法で購入していく金融商品です。
僕は住信SBIネット銀行で毎月1000円積み立てています。
手数料がかかるので1025円です。
なぜ積み立てているのかと言いますとこれは振込手数料の無料回数を稼ぐためにスマートプログラムのランクを上げる為です。
その為、金相場が取得価格を上回った時点で即売却しています。
今のところは全てプラスになっています。
ですが手数料が2.5%と高いですし通常の運用としてはあまりおすすめはしません。

アクセサリーの購入

金のアクセサリーの購入も一つの投資だと考えています。
24金(純金)から18金までがおすすめです。
投資としては純金に近い方が一番良いのですがいかんせん装飾品となると強度が必要になる為、18金も範囲内になります。
僕の場合はネックレスチェーン18金とペンダント24金を購入しました。
いずれも相場が安い時期に購入しました。
おかげで現在は売却したとしてもプラスになります。

総評

僕がなぜ一見投資先としては良さそうな純金積立を否定しアクセサリーの購入をおすすめするのかと言いますと、ネット上で数字として積み立てるよりはアクセサリーとして身に着ける方が効率が良いとの考えからです。
金は他のアクセサリーに比べて価値が落ちにくく更に身に着けている人の価値を高めてくれるものだと考えています。
自分自身のモチベーションを高めてくれる事にも繋がります。
以上の事から価格変動の大きくない金をネット上で管理するよりは実際に手にすることをおすすめしています。
しかしアクセサリーに興味が無かったり不要な人は金投資はする必要が全くないと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です