副業でのバイトは悪なのか

副業を解禁する企業が少なからず増えてきました。
なにか良い副業無いかなと調べているとよくアルバイトは効率が悪いなどの意見が散見されます。
ブログや転売、株、FX、ポイントサイトがおすすめなどたくさん出てきます。
僕もスマホやパソコンで出来る副業が一番将来性があり可能性があるのではと思っています。
しかし検索窓に副業と入力している人にその様なネットを使った副業はハードルが高いですし、ある程度の金額を稼げるようになるには想像以上に時間がかかります。
そうなるとやはり手っ取り早いアルバイトをしようとなる訳です。
勿論それが悪いことだと僕は一切思っていません。
僕自身も会社員をやりながらネット副業なかなか稼げないなと思いアルバイトをしていました。
その中でアルバイトはデメリットばかりでは無いと感じたので是非アルバイトが副業としての対象になるのか否かの判断材料にしていただけたらと思います。

早くお金になる

アルバイトであれば数万といった金額なら1カ月で稼ぐことが出来ます。
ネット副業だと1カ月なら湯水のごとく勉強してもその金額には到底及びませんし普通の人ならまず嫌になって辞めます。
それに比べてアルバイトは1カ月も経てばある程度の報酬がもらえるためやる気のない人でも続けられてしまいます。

知識が無くても稼げる

アルバイトは基本的に未経験からされる方が多いと思います。
何も分からない状態で仕事を教えてもらっているその時間からお金が発生します。
ネット副業なら勉強に勉強を重ねてやっと数百円といった感覚です。
未経験や知識が無くてもその勉強期間がお金になるのは本来なら素晴らしいことです。

アルバイトの転職ができる

正社員をしながらと言うこともあり自分に合わないアルバイトだったとしても辞めても収入が途絶える事はありません。
すぐに他のアルバイトに切り替えることが出来ます。
僕も最初は自分のたるんだ心を鍛え治そうと某ブラック牛丼屋で働きましたがただのブラックだったので半年で辞めました。(笑)
働いている時間帯の売上が少なかったら日報に実際の労働時間より少なく書かされたりしました。
反対に忙しくて売上があっても給料は勿論上がりません。
そもそも働いてる人たちが洗脳されてるかのようにブラックでした。
その後ローカルピザ屋で働いたのですが同世代も多く優しくて面白い人たちばかりで時給500円でも働きたいと思えるようなところでした。
もうあんなところ見つけられないだろうな。
こんな経験も出来るのも醍醐味です。

仲間が増える

年齢層が比較的若いため話しが合う人が多かったです。
僕は本職で関わりがあったのは30代の人も少なく40代や50代以上の人ばかりでした。
副業でアルバイトを選択肢に入れてる人は20代の方が多いと思います。
正社員程の気が重くない仕事で同じ世代の人と話したり多少ふざけあったりするのは心が晴れました。

たくさんの経験が出来る

在庫管理やお金の清算から言葉遣いだったりマナーだったりとたくさんの今までにしたことが無い経験をすることが出来ます。
反対に自分がお客さんの立場になった時こうした方が店員さんありがたいだろうなと気を使えるようにもなれます。
人と関わる仕事は本当に人間的に成長されてくれると思いました。

人脈が作れる

人脈と言えるほどの大したものではないかもしれませんがお客さんや先輩など様々な人と接するためある程度仲が良い人が出来ます。
その中にはアルバイトを辞めた後でも連絡を取り合ったり仕事の紹介を受けたりすることもあります。
情報交換できたりすることは大きい事ですね。

総評

僕としては一概にアルバイトは悪いとは思っていません。
ただ漠然と時給や簡単かなどだけでなく自分がスキルを身に着けたり成長できるところがおすすめです。
ネット副業のハードルが高いと思うならとりあえずアルバイトをしてみるのも手だと思います。
それを資金にネット副業をするのも面白いかもしれません。
それぞれ自分にあった方法で頑張りたいですね。

Pocket
LINEで送る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です